日本と世界の統計データ

日本人の多く住む国ランキング

HOME > 国と地域 > 日本人の多く住む国ランキング

近年、訪日外国人客は増加しています。特に、中国や韓国などアジア諸国からの旅行客が多く、インバウンド市場は急拡大しています。一方で実は、海外で暮らす日本人も増加傾向にあります。平成元年(1989年)には58.6万人だった海外在留邦人数は、年々増加を続けています。2016年に海外に住む日本人の数は133.8万人です。

以下の表は、外務省の海外在留邦人数調査統計を基に集計した、日本人の多く住む国をランキングです。

日本人の多く住む国ランキング(2016年)
順位 国名 在留人数 永住者 長期滞在者
1位 アメリカ 42.1万人 18.7万人 23.3万人
2 中国 12.8 0.3 12.5
3 オーストラリア 9.2 5.2 3.9
4 タイ 7.0 0.1 6.8
5 カナダ 7.0 4.2 2.7
6 イギリス 6.4 1.9 4.5
7 ブラジル 5.3 4.9 0.3
8 ドイツ 4.4 1.1 3.2
9 フランス 4.1 0.8 3.3
10 韓国 3.8 1.0 2.7
11 シンガポール 3.7 0.2 3.4
12 マレーシア 2.3 0.1 2.2
13 台湾 2.1 0.2 1.9
14 インドネシア 1.9 0.1 1.8
15 ニュージーランド 1.8 0.9 0.8
16 フィリピン 1.6 0.5 1.1
17 ベトナム 1.6 - 1.5
18 イタリア 1.3 0.4 0.9
19 アルゼンチン 1.1 1.1 -
20 メキシコ 1.1 0.2 0.8
  合計 133.8万人 46.8万人 87.0万人

日本人在住者が最も多い国は、42.1万人でアメリカ合衆国です。アメリカにはトヨタやソニーなど多くの日本企業が進出しており、そこで働く日本人も多いです。またハーバードやMITなどの有名大学に進学する留学生も多いです。

ただし日本人でアメリカへ留学している学生は2016年には約2万人ですが、2006年時点では4万人以上居たため、この10年でおよそ半分にまで減少しています。アメリカへの留学は、MBA(Master of Business Administration=経営学修士)などの高度な資格習得が目的の社会人もいますが、余りにもコスパが合わないのが判明した事が、留学者数が減少傾向にある理由でしょう。

ランキング2位は12.8万人で中国です。日本企業の進出数がナンバーワンなのは中国であり、現地企業に単身赴任する社会人が多い事が、長期滞在者が12.5万人と圧倒的に多い理由です。

ところが、中国への永住者はわずか3千人程度です。中国では2004年に「外国人在中国永住居留審査管理弁法」という法律が制定されるまで、外国人の永住権は認められていませんでした。その法律制定後も、中国人国籍の配偶者がいないと基本的に永住権は獲得できない等、厳しいルールが設けられています。ゆえに、外国人が中国に永住するのは未だに難しいのが実情です。

一方、日本に最も近い国=韓国の在留邦人は、3.8万人でランキング10位に過ぎません。韓国は中国よりも人件費が高く、一方で人口は5千万人程度と市場も小さいので、日系企業の進出が少ないのです。そしてアメリカのように留学先としてのニーズもありませんし、何より反日教育が蔓延した国家なので、日本人が住むには適していません。韓国旅行が趣味だという女性は少なくないですが、移住の需要は薄いという事です。

アーリーリタイアした富裕層と、移民した永住者

ランキング上位にオーストラリアやカナダが居る理由は、アーリーリタイアした富裕層の移住先として人気があるからです。ある程度お金がある人は、仕事を早期リタイアしてカナダ等に移住する、大橋巨泉や上岡龍太郎の生き方に憧れる人は多いです。

近年では、物価が安いマレーシアやタイなども、アーリーリタイアする日本人の移住先として人気が高まっています。しかし治安や衛生面の良さでは、先進国であるオーストラリアやカナダの優位性は揺るがないうえ、ある程度日本人コミュニティが形成されている国でないと、ホームシックにかかる人も少なくありません。

なお、ほとんどの国は永住者よりも長期滞在者が多くなっていますが、ブラジルは永住者が4.9万人、長期滞在者が3000人と逆転現象が起こっています。その理由は、ブラジルはかつての移民政策のなごりで、世界で最も日系人の多い国だからです。

1900年代初頭、ブラジルでは奴隷制度が廃止され、国全体で労働力が不足するようになりました。そこで、日本からの移民計画が実行され、十数万人もの日本人がブラジルに渡る事になったのです。こうした事情から、ブラジルと日本の結び付きが強くなり、2017年現在でもおよそ150万人の日系人がブラジルで住んでいて、その親族などの永住者も多いのです。

日本人の多く住む国ランキングまとめ
・アメリカは日本企業が多く、また留学する日本人の数も多い
・中国は単身赴任の長期滞在者が大半で、法律の問題で永住者は少ない
・カナダやオーストラリアは、アーリーリタイアした永住者が多い

ちなみに、海外在留者の男女比は女性が約52%で、男性を若干上回っています。この比率は、ここ10年間ほぼ変わっていません。また、長期滞在者の内訳としては、会社員の転勤が53.6%、留学や研究目的の人が20.7%です。他に、政府関係(大使館勤務)やマスコミの特派員として海外で暮らす人もいますが、いずれも割合は数パーセントと少ないです。

 
※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://toukeidata.com/ All Rights Reserved.