日本と世界の統計データ

世界各国の貿易依存度比較〜日本は貿易立国ではない!

HOME > 国と地域 > 世界各国の貿易依存度比較

社会の授業では「日本は貿易立国だ」という刷り込みがあります。確かに高度経済成長期の日本は、外国から原油や鉄鉱石などを輸入し、国内で自動車や家電製品などを作り、それを輸出して国の経済を発展させてきたので、貿易立国というイメージは強いのも分かります。しかし実は、日本は明らかに内需依存型の経済であり、貿易立国ではないのです。以下は、2013年時点の世界の主要国の貿易依存度を比較した表です。

主要国の貿易依存度
国名 輸出 輸入
シンガポール 138.7% 126.1%
マレーシア 73.1 65.9
オランダ 66.5 59.5
タイ 53.5 59.4
サウジアラビア 50.2 21.9
韓国 42.9 39.5
ドイツ 36.9 32.0
スイス 31.7 28.0
メキシコ 30.2 30.3
ロシア 25.1 15.0
カナダ 24.9 25.1
中国 24.1 21.2
フランス 20.2 23.9
イギリス 17.8 24.1
オーストラリア 16.5 15.2
インド 16.2 24.0
日本 14.6 17.0
ブラジル 10.8 10.9
アメリカ 9.4 13.9

※データソース;世界国勢図会・第26版(2015/16)

貿易依存度とは、国民総生産(GDP)に対する輸出および輸入額の比率の事です。貿易依存度が低ければ、内需が多い、自給自足が出来ている国だという事になります。日本の貿易依存度は輸出が14.6%で輸入が17.0%と、諸外国と比較してかなり低い水準です。日本より低い国はブラジルとアメリカ位しかありません。つまり、日本は貿易依存度が低い国であり、貿易立国というのは明らかな誤りだと言えます。

貿易依存度が低い=内需型経済=ガラパゴス化しやすい

当サイトでも散々紹介していますが、近年の世界の家電市場は、中国や韓国などのアジア企業の製品のシェアが高くなっています。しかし日本市場では、携帯電話やテレビや冷蔵庫など多くの商品が国内メーカー製が上位を占めており、ガラパゴス市場と揶揄されています。日本がガラパゴス市場化しがちな理由が、この貿易依存度が低い事です。

★関連ページ;世界と日本のスマホ機種シェア比較世界市場と日本での薄型テレビのシェア比較冷蔵庫の世界市場と日本での販売シェア比較

日本の人口は1億2000万人以上と規模が大きく、国内だけで十分な売上が見込める事から、企業のマーケティング戦略も内向きになりがちで、結果的に日本だけの独自仕様=ガラパゴス製品が生まれるのです。

アメリカは世界で最も貿易依存度が低い国ですが、実は日本と同じくガラパゴス化が激しい国でもあるのです。例えば「ピックアップトラック」という巨大な自動車は、アメリカ国内以外ではほぼ見かけない仕様の商品です。また、最も人気の高いスポーツが(世界で全く普及していない)アメリカンフットボールだったり、FPS(銃撃戦ゲーム)が子供達に大人気だったり、未だにヤードポンド法を頑なに使い続けていたり・・・等と枚挙に暇がないです。

このようなアメリカ独自の文化が出来るのは、人口3億人でGDP世界一という巨大な内需があることが理由です。しかもアメリカ人は、自分達の文化を「グローバルスタンダード」だと思い込んで自慢げにしているから、余計にタチが悪いです。

韓国は貿易依存型、中国は公共事業に依存した経済

中国は輸出大国=貿易で稼いでいる国だと思われがちですが、実際には輸出依存度は24.1%でそれほど高くありません。その理由は、中国が13億人もの人口による内需があること・・・ではなく、実は政府が公共事業を行って経済を支えているからです。

中国は、GDPの4割が総固定資本形成(建物や道路等を作る公共事業)で、個人消費は30%台しかありません。そして公共事業の中身も、昭和末期の日本以上に無駄な設備投資が多く、地方にはゴーストタウンが増えています。中国のGDPは、それ自体が偽装されているのでは?という推測も多いですが、その中身も健全とは言いがたいのです。

そして韓国は、輸出も輸入も貿易依存度が約40%と高く、外需に依存した経済構造です。韓国は日本同様エネルギー資源に乏しいのですが、加えて人口が5千万人程度と少なく、しかも先進国ほど豊かでもないので、どうしても外需に頼らざるを得ないのです。そして頼みの輸出も、サムスンや現代などの巨大財閥企業に偏っており、健全とは言えない構造です。

世界各国の貿易依存度比較まとめ
・日本の貿易依存度は世界と比較して低く、貿易立国ではない!
・しかし内需に依存しがちなので、ガラパゴス市場化している
・アメリカや中国も貿易依存度が低く、逆に韓国は外需頼みの経済

最も貿易依存度が大きい国はシンガポールで、輸出・輸入共に100%を超えています。シンガポールの面積は719.1平方kmで東京都の3分の1程度、人口も約560万人と北海道と同規模です。これだけ国が小さいと、内需だけでは経済発展が難しく、かつ食料やエネルギーなどの自給率がほぼゼロなので、結果として貿易依存度が極めて高くなっているのです。

 
※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://toukeidata.com/ All Rights Reserved.